鍵をなくさないためのチェックリスト

毎日あなたの鍵をどうやって管理していますか?

鍵は重要な財産であり、私たちの人生を守るために不可欠です。

そのような重要な鍵を失わないのが最善ですが、意外にも、誤って後に立ち去ってどこかで失った人が多いのですか?

そこで今回はキーマネジメントに重点を置き、キー番号、マスターキー管理方法、スペアキー管理方法などの「キー管理マニュアル」を紹介します。

当時から、「鍵の紛失を防ぐ方法」を心配している方は参考にしています。

キー番号と元のキーを管理する方法

[キー管理マニュアル:キー番号と元のキーの管理方法]

1:元の鍵は厳密に管理されており、気付くことができる場所には置かれません

2:目隠しされるカバーを、元のキーの所有部分に、キー番号が打ち込まれた状態で貼付する

3:基本的に元のキーを使用せずにそのまま使用し、キーを使用する

キー番号と元のキーはどのように管理できますか?

共通のソースキーにはキー番号がスタンプされています。

キーを管理する人は、「誰かがこのキー番号を持っていれば、元のキーがない場合でも簡単にスペアキーを作成できます」ということに留意する必要があります。

今まで、キー番号だけで予備のキーを作成できるという仕組みを悪用して女性の家に侵入するなどの卑劣な事件が発生しています。

この事実を考えると、私は、元の鍵の鍵番号がどれほど重要であり、他人に知られてはならないのかがはっきりしていると思います。

そこには、分からない領域にスペアキーが任意に作成されないように注意する必要があります。

スペアキーの管理方法

[キー管理マニュアル:スペアキーの管理方法]

1:私はいくつかのスペアキーを作っていません

2:スペアキーを手頃な価格の場所に保管しないでください

3:スペアキーを1つ失った場合は、直ちにキーを交換してください

4:財布など頻繁に出入りする場所に鍵を置くと、損失の危険性が増すため、避けてください

キーを管理している誰かが、緊急時にいくつかのスペアキーを保持し、入口近くの花瓶の下などの手頃な価格の場所に保管する場合があります。

ただし、隠されているスペアキーが盗まれるリスクがあるため、これはお勧めできません。さらに、いくつかのスペアキーを作成することで、「キーを紛失しても大丈夫です」という安心感が得られます。
生まれてきたことで、鍵に対する危機管理の意義が鍵ではなく低下するリスクがあります。

したがって、いくつかのスペアキーを作成しないでください。

毎日の鍵の紛失を防ぐ方法を管理する

次は、毎日の使用の鍵を失わないためのマニュアルです。

[キー管理マニュアル:毎日のキーの損失を防ぐ方法を管理する方法]

1:鍵付きのキーリング、または目立つ色のキーホルダーに音が鳴っても紛失しないようにしてください

3:私は日々鍵をどこに保管するか決めます

4:キーキーを屋外に置かないでください

それは当然のようですが、驚くほど多くの人が練習することはできません。

上記の3つを実践できるように、通常の鍵管理方法を考案することをお勧めします。

鍵はまた破損する可能性があります!

管理のポイントと同様に扱う方法

これまでは、状況に応じて「キーマネージメントマニュアル」を導入しましたが、キーの取り扱いも鍵をしっかりと管理する上で重要なポイントです。

一見すると強そうに見えても、慎重に扱わないと、汚れが付着したり傷がついたり、鍵穴に挿入しにくくなったり、シリンダの動きが重くなったりすることがあります。

さらに、最悪の場合、鍵自体が壊れたり壊れたりする可能性があります。

毎日、あなたはジーンズのポケットや財布に慎重にロックをかけて、徹底的に投げかけてきましたか?

キーを日々慎重に扱う意識が失われないようにするためには、まずキー操作から練習してみてください。

まとめ

これまで鍵管理に重点を置いて、鍵番号、マスター鍵管理方式、スペア鍵管理方式などの「鍵管理マニュアル」を導入しました。

「意外にやりやすい」と感じた人も多いですね。

私は、「鍵管理マニュアル」を実践することは、いくつかの点をおさえれば難しくないと思います。

鍵を安全に管理することができれば、犯罪防止に役立つだけでなく、最終的に鍵の寿命を延ばすことにつながります。

毎日キーマネージメントに苦しんでいるなら、このマシンで「キーマネージメントマニュアル」を試してみてはいかがですか?

関連記事

ページの先頭へ