門扉に鍵を取り付けて泥棒の侵入を防止しましょう

近年、ノベルティニュースは毎日のように報告されています。

それに伴い、セキュリティ意識が徐々に高まっています。

そして今、家のドアに鍵をつけるなどの改装をしている人が増えているようだ。

したがって今回は家の扉に焦点を当て、門をロックするメリットとデメリットを紹介しますが、わかりやすく紹介したいと思います。

「今後の自宅でのセキュリティ対策を強化したい」と考えている人は、参考にしてください。

ゲートに鍵が必要ですか?

ドアに鍵が必要ですか?

まず、家の犯罪予防を考えたとき、空き鳥などの侵入盗難の標的にならないように、「この家は高い安全意識のある家だから、目標を止めましょう」と考えさせてください。
侵入

あきらめることは大切です。

侵入盗みは、空の巣箱に入る前に常に対象家を「ふり」すると言われています。

その時、プレビューに行った家族の門がロックされていれば、侵入窃盗を感じる要因の1つになる可能性があります。「この家は高いセキュリティ意識を感じており、素晴らしいでしょう。

無許可の家はまだ家の垣間見るように見えますが、出入口の鍵のある家は「セキュリティ意識の高い家」として視覚的にアピールできます。

ゲートに鍵を取り付け、防犯意識の高い侵入を確認することをお勧めします。

ドアロックの利点

ゲートをロックするメリットとデメリットについて、どのようなことが考えられるか見てみましょう。

[ドアの施錠のメリット]

1:敷地内に侵入者を踏み込まないでください

空の猟犬のような侵略的なものばかりでなく、宗教的な弁護士や永続的な売り手のような不快な侵入者も玄関に入る。

その点で、ドアがロックされていると、簡単に踏み込めず、より安全に感じられます。

2:鍵を持たなくてもロックすることができます

例えば、パスワードでゲートの鍵をロック/アンロックする「電子ロック」の場合、鍵を持ち歩く必要はなく、ドアをロックすると便利です。

3:鍵を忘れるのを防ぐことができます

さらに、自動ロックキーを採用すると、ゲートを閉じると自動的にロックされるため、ゲートを忘れてしまう心配はありません。

【ドア門扉の不具合】

1:新しくゲートをロックするのは高価です。

最近、人気のある「電子ロック」は特に高価であり、最も安価なカード型電子ロックでさえ約2万円かかると言われています。

2:カードタイプの電子ロックを取り付けると、誤ってカードを持たずに外に出たときにロックアウトされます。

暗証番号のキーであっても、暗証番号を忘れた場合、その暗証番号を入力することはできません。

このような場合、最悪の場合、鍵の専門家を呼び出してロックを解除する必要があり、予期しない費用がかかる可能性があります。

ゲートの推奨キータイプ

次に、ゲートキーとして推奨されるいくつかのキータイプを紹介します。製品名:リモコンデジタルコンピュータキー・CERALOCK(設置費含む)

製品紹介:光通信システムで・鍵穴なしのロックでは、100億の通りからPINを作成できます。

製品名:homgeekデジタル電子ロック左/右ハンドル

製品紹介:木製のドアやアルミ製のドアに使用される電子ロックです。

製品名:Homgeekデジタルドアロック・電子キーレスドアロック・エントリードア

製品紹介:デジタル式のドアロックですので、鍵を紛失する心配はありません。

ゲートロック時の注意点

最後に、ゲートをロックするときの注意点を確認したいと思います。

[ゲートロック時の注意点]

1:キーを正しく取り付けしてください

既存のゲートに自分の手でキーを付ける場合は、事前にキーの取り付け位置を確認して、失敗しないように注意してください。

設置位置がずれるとゲートを傷つける可能性があり、そこからゲートが劣化する可能性があります。

2:立ち往生しないでください

ゲートをロックするとセキュリティが強化されます。

しかし、それは防犯対策が完璧であるということを意味するものではありません。

そのため、鍵をロックしてドアの外に出て、出入り口ドアをロックしないようにしてください。

第2、第3の防犯対策として、玄関扉に補助ロックを設置し、防犯カメラなどを設置すると安全性がさらに高まる。

3:メンテナンスはごくわずかです。

ゲートのキーを電子ロックにロックしても、従来のキーのように経時劣化が起こります。

したがって、定期的に動作を確認するなどの保守を行うことをお勧めします。

まとめ

これまでのところ、私は家の門に集中し、ゲートをロックするメリットとデメリットを紹介しました。どうでしたか?

門を閉めることができれば、それは「犯罪防止の意識が高い家」であることを視覚的にアピールすることができ、それは空の鳥などの侵入盗難に対する抑止力となると私は考える。

これでゲートをロックできると思ったら、信頼できる業者に建設を依頼することも方法だと思います。

興味があれば、最初に見積もりを始めるのはなぜですか?

関連記事

ページの先頭へ